Hanshin Online Shopping

会員ログイン
  • 新規登録の方
  • IDをお忘れの方
  • パスワードをお忘れの方
TOPに戻る

条件から選ぶ

阪神食品館メニュー

他の売場

 

寛文六年(1666年)、尾張藩主の徳川光友公が知多の横須賀(現在の愛知県東海市)に御殿を造営されたときのこと。 漁師たちが浜辺でとれたての海老のすり身をあぶり焼きにして食べている「えびはんぺい」を絶賛され、以降徳川家献上品となったそうです。

明治22年、創業者 坂 角次郎は当初の製法に工夫を重ねて「生せんべい」を完成。
現在の味と姿へ移り、昭和41年に「ゆかり」と命名。
以来、その由緒ある味わいはご縁を大切にする贈りものとしてご好評いただいております。

阪神梅田本店地下1階食品和菓子コーナーにオープン以来、沢山のお客様との出会いがあり、大変多くの方々にご愛顧いただいております。
私どもでは、”ゆかり”に代表される海老せんべいを通じて、人さまの心と心の橋渡し、ご縁をおつなぎするという贈答サービスのお手伝いをさせていただいております。
私たち販売スタッフは、これからも、皆さまとのご縁、出会いに感謝し、ご縁による素晴らしい出会いを、心からお待ち申し上げております。
阪神梅田本店にお越しの際は、ぜひ笑顔溢れる当店へお立ち寄りくださいませ。